コンテンツにスキップする
Photographer: Munshi Ahmed/
cojp

ゴールドマンの昼食会、マレーシア1MDB汚職捜査の舞台に

  • ゴールドマン元バンカーのング氏、捜査当局の関心集める
  • 債券発行手数料の5.77億ドル、疑惑のスイス系銀口座に
People look out over the central business district skyline in Singapore, on Monday, Aug. 8, 2011. Singapore reduced the top end of its growth forecast for 2011 as a faltering U.S. economy and the European debt crisis heightened the risks to global expansion.
Photographer: Munshi Ahmed/

2012年初めにシンガポールの高級レストランの個室で、ゴールドマン・サックス・グループのバンカー2人がスイス系銀行の幹部6人に17億5000万ドル(現在のレートで約1930億円)規模の債券売り出しについて説明していた。

The Weinstein Company & Netflix's 2014 Golden Globes After Party Presented By Bombardier, FIJI Water, Lexus, Laura Mercier, Marie Claire And Yucaipa Films - Inside

ゴールドマン・サックス・グループの元東南アジア責任者ティム・ライスナー氏

Photographer: Araya Diaz/Getty Images for The Weinstein Company

  ゴールドマンの出席者は東南アジア事業責任者を務めていたティム・ライスナー氏とその部下のロジャー・ング氏。ゴールドマンはマレーシアの政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)に債券発行で起用され、この昼食会には1MDB職員と同国の実業家である劉特佐(ロウ・テク・ジョー)氏も加わった。

  事情に詳しい関係者によると、シンガポールや米国の捜査当局はこの会合に関心を持ち、ライスナー氏とング氏の役割について調べている。とりわけ債券発行手数料収入の5億7700万ドルが、会合に出席していたスイス系銀行の口座に入った経緯に焦点を当てている。米国の法廷文書によると、この口座は昼食会で議論されたものも含め2012年の2回の債券発行に絡み約14億ドルを横領する目的に使われていた。

  ライスナー、ング氏ともゴールドマンをすでに退社。ライスナー氏は3本の1MDBの債券発行でリードバンカーを務め、シンガポールの金融業界からは現在締め出されている。米検察当局はング氏に注目しつつあり、マレーシア当局は同氏の逮捕状取得を準備していると、関係者は述べた。

  ング氏とは連絡が取れず、ライスナー氏の弁護士はコメントを拒否した。ゴールドマンの香港広報担当、このスイス系銀行を2016年に買収したEFGインターナショナルの担当者もコメントを控えた。ロウ氏の報道担当は電子メールによるコメント要請に応じていない。

原題:Goldman Lunch at Taste Paradise Sets Table for 1MDB Money Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE