コンテンツにスキップする

貿易摩擦、米経済統計に既に影落とす-輸出や耐久財受注で表面化

  • 5月の財の貿易赤字は前月から予想外に縮小、9カ月ぶり低水準
  • 耐久財受注は前月比0.6%減-前月堅調だったコア資本財受注も減る
New Gantry Cranes Delivered To The Port Of Long Beach
Photographer: Tim Rue/Bloomberg
New Gantry Cranes Delivered To The Port Of Long Beach
Photographer: Tim Rue/Bloomberg

27日発表された5月の財の米貿易赤字と耐久財受注を受け、一部のエコノミストは貿易摩擦による米企業への影響が表面化しつつあることを感じ取った。

  5月の財の貿易赤字(速報値)は前月から予想外に縮小し、9カ月ぶりの低水準となった。輸出の伸びが輸入を上回っており、企業が関税賦課の可能性に対応していることを示唆している。一方、5月の耐久財受注は前月比0.6%減少した。

  米国の貿易相手国が講じる報復措置のリスクにさらされているのは資本財と食品であり、この2つの主要セクターが輸出全体を後押しした。4月は堅調だった非国防資本財(コア資本財)の受注は減少した。

  アマースト・ピアポント・セキュリティーズのチーフエコノミスト、スティーブン・スタンリー氏(ニューヨーク在勤)は、財の貿易統計を受けた調査リポートで、「高関税の可能性をにらんで輸出企業が今春に出荷を急いだ可能性がある」と分析。コア資本財については、貿易懸念で一部の多国籍企業が米政府の最近の動きとそれに伴う報復措置が一巡するのを待とうと、様子見姿勢に転じたのかもしれないと指摘した。

  バークレイズでエコノミストを務めるマイケル・ゲーペン、プージャ・スリラム両氏はリポートで、貿易面でコストが大きく押し上げられる保護主義的な環境が広がる前に、企業が対応を急いでいることを今回の経済指標は示唆していると説明。その一方で、堅調な内需によって「消費財や資本財、工業製品の輸入が時間の経過とともに拡大する」公算が大きいと記した。

原題:Trade War Shows Signs of Impact in U.S. Exports, Durables Data(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE