コンテンツにスキップする

中国経済、さらに減速-米中貿易摩擦や債務抑制策が足かせに

  • 規模が小さめの企業や貿易、株式・不動産投資家の心理が軒並み悪化
  • 米中の通商対立が深刻化、債務抑制策による与信の伸び悩みも響く

中国経済は6月に一段と減速したようだ。米国による関税賦課が近づく中で、世界2位の経済大国の脆弱(ぜいじゃく)ぶりが浮き彫りになっている。

  ブルームバーグ・エコノミクスのフィールディング・チェン氏は、複数のデータを一つの指標にまとめ、与信の伸びの急速な鈍化が中国経済の重しになっている可能性を指摘。金融システム健全化に向けた政府の取り組みに伴う与信伸び悩みの影響に加え、米国との貿易摩擦の深刻化で、規模が比較的小さい企業や株式・不動産投資家の心理に影響が出ている。

Deepening Slowdown

  完全版の「ダッシュボード」は、30日に発表される中国の6月の購買担当者指数(PMI)やその翌日に発表される韓国の輸出を盛り込んだ上で、ブルームバーグ・エコノミクスが来月の早い時期に公表する。ブルームバーグのエコノミスト調査では政府発表の製造業・非製造業PMIが共に前月から鈍化すると見込まれている。

  米国との貿易摩擦や中国経済の一段の減速懸念から本土株は弱気相場入り。人民元も下落が続き、昨年12月以来となる1ドル=6.6元台となった。

  チェン氏は「中国当局は規模が小さめの企業を支援しているほか、景気下押し圧力への対処に十分な流動性を維持している」と指摘。米国との通商対立が市場心理を損なっているものの、中国経済への影響はまだ表面化していないと話した。

原題:China’s Slowdown Deepens as Trade and Debt Curb Drag on Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE