コンテンツにスキップする

LINE:悲観論もシンガポールで仮想通貨取引に参入-7月から

更新日時
  • 「BITBOX」は30種以上の仮想通貨扱う、手数料は0.1%に
  • 日本と米国除く世界の投資家に向けサービスを提供-金融業務を拡大

無料通信・通話アプリ大手のLINEは、7月からシンガポールで国際的な仮想通貨の取引業務に参入する計画だ。仮想通貨相場の先行きに悲観論も浮上する中、収益源を広げるためサービス開始に踏み切る。同社の出澤剛社長が28日に東京近郊で開催中のイベントで明らかにした。

  サービスを始めるのは「BITBOX(ビットボックス)」で、ビットコインやイーサリアムなど30種以上の仮想通貨を扱う予定。仮想通貨同士の取引のみで日本円など当局が認める通貨との取引はできない。15カ国の言語で、日本と米国を除く世界の投資家にサービスを提供する。取引手数料は0.1パーセント。

  LINEは主力の無料アプリユーザーの伸び悩みを受け、電子決済、証券といった金融や通販などへ事業領域を拡大している。 アプリユーザーを中心に新サービスの利用者として取り込み、広告以外にも収益源を広げる狙いだ。仮想通貨市場では主要なビットコインなどの軟調が続いている。

  出澤社長は仮想通貨取引への参入について、「われわれの新しい領域への挑戦、グローバルへの挑戦を応援していただければ」と意欲を見せた。

  複数の関係者によると、LINEは仮想通貨取引で通常の無料通信・通話とは別の専用アプリも開発中という。この関係者によれば、同社者はブロックチェーン技術のセキュリティ会社のBitGo Inc.と提携している。

  LINEは日本では金融持ち株会社を設立。アジアをはじめ海外でローンや保険事業などにもサービスを広げる方針を打ち出している。仮想通貨の主要市場である日米でも取引・交換業務を始める準備を進めている。

(第4段落に出澤社長のコメントを追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE