コンテンツにスキップする

米最高裁の浮動票、ケネディ判事が引退へ-トランプ氏は後任探し開始

  • トランプ氏指名の後任次第で、妊娠中絶の合法性が脅かされる公算も
  • ここ数世代で最も保守的な法廷となる可能性

米最高裁判所のケネディ判事が引退を表明した。トランプ米大統領が後任候補を指名することになる。同後任次第では、過去数世代で最も保守的な法廷となり、人工妊娠中絶を合法化した画期的な「ロー対ウェイド」判決がリスクにさらされる可能性もある。

  最高裁は27日、ケネディ判事が7月31日付で引退すると明らかにした。

  レーガン大統領に指名されたケネディ判事(81)は過去10年間にわたって同裁判所の重要な判決を左右してきた。リベラルな判事に加わって同性婚の合法化を支持したほか、選挙資金規制では保守派と行動を共にした。

  トランプ大統領はケネディ判事の後任候補探しを直ちに開始すると明らかにした。

原題:Anthony Kennedy, Swing Vote on U.S. Supreme Court, Will Retire(抜粋)
Trump Says Search for Kennedy Replacement to Begin Immediately(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE