コンテンツにスキップする

不法入国の親子を再会させるよう米政府に命令-米連邦地裁判事

  • 5歳未満の子供は2週間以内に親元に返還を
  • トランプ大統領は親子を一緒に収容する大統領令に署名

A migrant mother walks with children in Tijuana, Mexico. 

A migrant mother walks with children in Tijuana, Mexico. 

 Photographer: Mario Tama/Getty Images

A migrant mother walks with children in Tijuana, Mexico. 
 Photographer: Mario Tama/Getty Images

サンディエゴの米連邦地裁のダナ・サブロウ判事は26日遅くにトランプ政権に対し、不法入国したとして親子別々に拘束された家族を再会させるとともに、子供抜きで親だけを拘束することをやめるよう命じた。

  サブロウ判事はメキシコから不法入国した全ての成人を訴追し、その子供を引き離すというトランプ米大統領の政策について、米政府に対応の準備がなかったことは議論の余地がないと判断。「親を収容する政府機関と子供を収容する機関の間に連絡手段が整備されていなかった」ほか、「再会の計画も整っておらず、家族は何カ月も離れ離れだった」と指摘した。

  トランプ大統領は親子別々に収容する政策への批判に対応し、査証なしで入国しようとする家族を引き離す政策を撤回する大統領令に先週署名したが、判事は親から未成年者を引き離す「主観的な」基準が大統領令に含まれていることなどを理由に、裁判所命令が必要だったと説明した。

  判事は5歳未満の子供は2週間以内に、5歳以上の子供については30日以内に親元に返すよう政府に命じた。また、拘束された親と子供の連絡手段の提供や、子供を伴わずに親を強制送還させないことも政府に求めた。

原題:Judge Orders U.S. to Reunite Immigrant Children and Parents (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE