コンテンツにスキップする
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

ビットコインは「流行性の熱狂」-ノーベル経済学賞のシラー教授

  • 米国で地域によって人気が分かれる社会的な動き
  • 「投機的なバブルだが、ゼロに向かうことを意味しない」
Red light illuminates cooling fans used to cool cryptocurrency mining rigs at the SberBit mining 'hotel' in Moscow, Russia, on Saturday, Dec. 9, 2017. Futureson the worlds most popular cryptocurrency surged as much as 26 percent in their debut session on Cboe Global Markets Inc.'s exchange, triggering two temporary trading halts designed to calm the market.
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

ノーベル経済学賞受賞者である米エール大学のロバート・シラー 教授は仮想通貨ビットコインについて、米国で地域によって人気が分かれる社会的な動きだと指摘した。

  シラー教授は26日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで「東海岸は西海岸ほどのめり込んでいない。シリコンバレーは本当にのめり込んでいる。これは新しい情報への合理的な反応とは言えないようだ」と語った。

ビットコインは「顕著な社会現象」と述べるシラー教授

出所:ブルームバーグ

  ビットコインは週末に2月以来となる6000ドル割れとなったが、26日時点ではこの水準を上回っている。世界各国・地域の規制当局による監視強化を背景にビットコインは今年に入って急落している。

  シラー教授は「これは社会的な動きだ。流行性の熱狂だ」とした上で、「投機的なバブルだが、ゼロに向かうことを意味しない」と述べた。17世紀にオランダで起きたチューリップ・バブルとの比較について問われると、「チューリップにはなお価値がある。高価なチューリップもある」と語った。

原題:Nobel Winner Shiller Says Bitcoin Is an ‘Epidemic of Enthusiasm’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE