コンテンツにスキップする

米政権の親子引き離し収容、違憲だとして提訴-17州と首都ワシントン

  • 「捕虜収容所を想起させる」と州政府側が主張
  • 連邦最高裁はトランプ政権によるイスラム圏からの入国制限措置支持
Border Patrol Agents Detain Migrants Near US-Mexico Border
Photographer: John Moore/Getty Images
Border Patrol Agents Detain Migrants Near US-Mexico Border
Photographer: John Moore/Getty Images

米国の17州と首都ワシントンは26日、不法入国した親子を引き離して収容するトランプ政権の政策は違憲だとして提訴した。

  シアトルの連邦地裁への訴えにはワシントン州のほか、カリフォルニアやニューヨークなどの州も加わった。州政府側はトランプ政権の移民政策は「捕虜収容所を想起させる」と主張した。

  不法入国者の親子を引き離して収容していることに批判が殺到したことから、トランプ大統領は方針を転換し、親子を一緒に収容する大統領令に20日署名。ただ連邦最高裁は26日、トランプ政権によるイスラム圏からの入国制限措置を支持する判断を5対4で下した。

原題:States Invoke ‘Internment Camps’ in Family-Separation Suit (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE