コンテンツにスキップする

値段上がるトヨタ大衆車「カローラ」、通信や安全機能追加

カローラハッチバック型の価格推移

トヨタ自動車が26日に発表した新型車「カローラ スポーツ」。豊田章男社長はカローラは「時代を表す大衆車」と表現したが、その価格はモデルチェンジを経て安全機能などさまざまな機能を追加するにつれて上昇している。新型車はハッチバックで、最低価格は213万8400円。サイズや排気量の違いなどもあり単純な比較は難しいが、同じハッチバックの「オーリス」(2006年発売)では約162万円。さらに「カローラランクス」や「アレックス」は04年代前半にマイナーチェンジされた時点で140万円台だった。この期間の消費者物価指数(生鮮食品除く)は緩やかな上昇にとどまっている。

  新型車では専用車載通信機を全車に標準搭載とし、スマートフォンで走行距離や部品交換の時期などの情報を確認できるなどコネクティッドサービスを拡充。独自の設計手法「TNGA」に基づいて作られたプラットフォームにより、乗り心地も高めたという。トヨタは今回の新型車を皮切りに、ほぼ全ての新車に通信機を搭載していく。友山茂樹副社長は安全性向上など機能の拡充が進んだことにより、トヨタだけでなく他社も含めて車両原価は上がりつつあると指摘。車両の価値が消費者に認められなければ価格は下げなければならず利益率の低下も見込まれるとし、通信技術を活用した新たなビジネス展開が重要になってくると話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE