コンテンツにスキップする

ヘッジファンドのブロックハウス、運用開始から2年で閉鎖へ-関係者

  • 投資家が期待するような成績を挙げられない可能性-顧客向け書簡
  • 昨年末時点で借入金含め約5億4100万ドルを管理-当局への届け出

ヘッジファンドがまた閉鎖に追い込まれた。事情に詳しい複数の関係者によると、資産家スタン・ドラッケンミラー氏の下で勤務経験を持つジャック・フランク、エリック・リー両氏は創業から約2年で会社を清算する。

  監督当局への届け出によると、ブロックハウス・キャピタル・マネジメントは昨年末時点で借入金を含め約5億4100万ドル(約594億円)を管理していた。同社は顧客向け書簡で、「現在の市場環境で投資家が期待するようなパフォーマンスを、この先挙げることができない可能性があるとわれわれは最近判断した」と説明した。ブルームバーグ・ニュースは同書簡の抜粋を閲覧した。

  1-3月(第1四半期)はファンドの閉鎖ペースが減速したものの、ヘッジファンド業界ではリターンがさえずに投資家が離れており、過去3年では閉鎖の件数が開業を上回っている。

  フランク、リー両氏は共にドラッケンミラー氏率いるデュケーヌ・キャピタル・マネジメントで勤務した経験を持つ。フランク氏は、デュケーヌ出身者が2011年に始めたポイントステート・キャピタルの創業者の1人。同氏と、ポイントステートでディストレスト投資責任者だったリー氏は16年に同社を退職し、ブロックハウスを始めた。

  ニューヨークに本拠を置くブロックハウスの広報担当スティーブ・ブルース氏はコメントを控えた。
          
原題:Blockhouse Hedge Fund Is Said to Shutter After Two Years Trading(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE