コンテンツにスキップする

中国経済、4-6月は政府統計より良好-中国版ベージュブック

  • 小売売上高や投資は政府統計が示すよりも力強い-CBB
  • 製造業が懸念材料、特に鉄鋼を巡る環境が悪化

中国経済の足取りが4-6月(第2四半期)に鈍ったとの見方はミスリーディングであり、不正確でさえあると、CBBインターナショナルがチャイナ・ベージュブックで指摘した。実際には、小売売上高や投資は政府統計が示すよりも力強いという。

  CBBはリポートで、「小売りセクターは上向きつつある可能性があり、利益と投資の伸びも改善している」と分析。5月の政府統計の減速は現況ではなく、昨年終盤や今年の早い時期に見られた弱さを反映したものだとした上で、「同セクターは中国政府が今になって公表したそうした低迷から既に脱しつつあるかもしれない」と記した。

  CBBの民間調査によると、投資に関しても公式統計は実態を下回っている。設備投資は大半のセクターで非常に堅調であり、政府発表の固定資産投資は「全体の一部しか反映しておらず、より視野を広げてみると多くのセクターで設備投資の力強さを示している」と指摘した。

  ただ、CBBは米国との貿易摩擦を挙げて製造業が懸念されると分析。4-6月の製造業と商品の輸出受注がかなり弱いことが示されており、見通しも悪化していることが当面の問題だと説明した。

  特に鉄鋼を巡る環境が悪化しており、「売上高や利益の伸び、生産、投資、雇用に至る全ての主要区分で状況の改善を報告する鉄鋼会社の割合が大きく低下した」と記した。

原題:China Beige Book Says Economy Is Better Than Official Data Show(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE