コンテンツにスキップする

株は弱気相場入り、通貨は過去最長値下がり-不安広がる中国市場

更新日時
  • 上海総合指数は1月の高値から20%下落-26日に弱気相場入り
  • 貿易摩擦にレバレッジ縮小、成長減速と売り材料に事欠かない

高まる不安が中国金融市場にさざ波のように広がっている。

  上海総合指数はたった5カ月で20%下落し、26日に弱気相場入りした。人民元は香港で過去最長の値下がりに向かっている。企業のデフォルト(債務不履行)も増え続けている。

  不安の種は、まず国内にある。当局によるレバレッジ縮小の取り組みで流動性が減少、世界2位の経済大国となった中国の成長を脅かしている。そこに米国との先が読めない貿易摩擦という事態も重なり、投資家は売り材料に事欠かない。

  当局は預金準備率を下げたり、経済紙に前向きな社説を掲載したりするなど、不安の解消に努めているが、これまでのところあまり効果はない。上海総合指数は当局の介入によって3000を死守すると長くみられていただけに、その水準を維持できなかった事実は投資家に安値拾いの意欲を減退させる。テクニカル的に同指数は過去6営業日は売られ過ぎで、これは2013年以降で最長記録。株式市場で1月以降に失われた金額は1兆8000億ドル(約198兆円)に達した。

  交銀国際の洪灏チーフストラテジストは「中国のファンダメンタルズは非常に悪い」とし、「市場での売り圧力はいまだに大変大きい」と話した。

Bear Market

  27日の市場では、上海総合指数が反発できず、一時0.3%下げた。また、人民元は香港で0.3%下落の1ドル=6.6018元と、10営業日連続の値下がりで、過去最長記録に並んでいる。本土市場でも昨年12月以来の6.6元台となった。

原題:Bear Market in Stocks, Weak Yuan Show China Problems Piling Up(抜粋)
Yuan Falls for 10th Day, Matching Record Losing Streak(抜粋)

(最終段落に27日の上海総合指数と元相場について加え更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE