コンテンツにスキップする

下落続く中国人民元、安定ではなくボラティリティー招く-見方一変

  • 人民元は今、安定ではなくボラティリティーの源泉-エブリー氏
  • 元安が他のアジア通貨相場に波及するリスクが今あるとタン氏

中国の経済成長が鈍化し米国との貿易を巡る対立が激化する中で、人民元の下落が続いていることから、中国当局が元安ペースを抑えようとする意欲を低下させているとの見方が急浮上している。

  人民元が事実上、世界的な金利上昇やドル高に直面している新興国経済を安定させる役割を果たしていた数週間前とは様変わりだ。中国ウオッチャーは貿易政策の一環として元安を容認しているとの考え方に否定的だが、現在の元下落が世界市場を動揺させた2015年の元切り下げを想起させるとみる向きもある。

Anchor No More?

  ラボバンク・グループの金融市場調査責任者マイケル・エブリー氏(香港在勤)は「人民元は今、安定ではなくボラティリティーの源泉だ」と述べた上で、元安がさらに進行すれば「複合的な新興国市場全体に影響し、商品相場に打撃を与える」とみられることになると指摘した。

  低調な中国経済統計が発表された14日以降、人民元はドルに対して2.7%下落。三菱UFJ銀行のグローバル市場調査部門で東アジア責任者を務めるクリフ・タン氏(香港在勤)は、元下落が他のアジア通貨の対ドル相場に波及する「一定のリスクが今ある」との分析を示した。

Shrinking Appeal

原題:China’s Role as Market Anchor at Risk With Rapid Yuan Slide (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE