コンテンツにスキップする

米政府:イラン産原油、同盟国は11月4日までに輸入停止を-当局者

更新日時
  • 輸入停止の圧力、イラン核合意の米離脱決定に伴う政策
  • 期限延長や適用除外、可能性は排除しないが協議していない-当局者

米政府は同盟国に対し、イラン産原油の輸入を11月4日までに完全に停止するよう要求していると、米国務省の当局者が明らかにした。この要求に関して期限の先延ばしや適用除外を認めることには前向きではないという。トランプ米大統領は2015年に成立したイラン核合意の米離脱を決定しており、輸入停止への圧力はこれを補完する政策。

  国務省の当局者は26日の記者ブリーフィングで、政権として11月の期限に関して適用除外や延長を認める可能性は排除しないものの、そうした協議は行われていないと語った。

  匿名を条件に語ったこの当局者によれば、米政府はイラン産原油を輸入しているトルコとインド、中国とはイランに代わる供給元の確保について協議を計画していた。協議での重要な点は、それらの国々がイラン産原油の輸入を停止することで「悪影響」を受けないようにすることだと、当局者は語った。

原題:U.S. Is Said to Press Allies to End Iran Oil Imports by Nov. 4(抜粋)

(情報を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE