コンテンツにスキップする

中国が元安警戒か、予想より高い中心レート-人民元は年初来安値

  • 中心レートは1ドル=6.5180元-予想より若干高め
  • 26日の取引では6.5574元と昨年12月以来の安値を付けた

中国人民銀行(中央銀行)が26日午前に発表した人民元の中心レートは市場予想より高めで、元安ペースに対して中国当局が懸念を強めている可能性があることを示唆した。ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)傘下のRBCキャピタルマーケッツが同日のリポートでこう指摘した。

  この日の中心レートは1ドル=6.5180元。ブルームバーグが調査したトレーダーやアナリスト19人の予想平均(6.5210元)よりも若干元高方向に設定された。

  RBCキャピタルマーケッツのアジア外国為替戦略責任者スー・トリン氏(香港在勤)はリポートで、「人民元の下落は当面これで十分だと中国が考えていることを示唆している可能性がある」と記した。

Getting Bearish

  24通貨に対する人民元の動きを示す「CFETS(中国外国為替取引システム)人民元指数」を基にしたブルームバーグのレプリカはここ1週間で1.6%下落。人民元はこの間、ドルに対し1%値下がりし、26日の取引では6.5574元と昨年12月以来の安値を付けた。

原題:Yuan Fixing Today May Be Sign China Is Wary of Slump, RBC Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE