コンテンツにスキップする

米大型ハイテク株が下落、半導体株の下げきつく-貿易摩擦激化を懸念

  • ハイテク株の比重が高いナスダック100指数は2.2%安で引けた
  • フィラデルフィア半導体株指数は一時4.4%安-30銘柄中29銘柄下落
Inside Of SeaMicro Production Facilities
Photographer: David Paul Morris
Inside Of SeaMicro Production Facilities
Photographer: David Paul Morris

25日の米株式市場では、半導体株を中心にハイテク株の下落が目立った。貿易分野の報復措置や中国による対米投資を制限する可能性を巡り懸念が強まっている。

  ハイテク株のウエートが大きいナスダック100指数は2.2%安で引けた。S&P500種株価指数の下落率は1.4%だった。

That Sinking Feeling

  トランプ大統領は24日午後に「自国に輸入される製品に人為的な貿易障壁や関税を導入している全ての国々に対し、これら障壁や関税を撤廃するよう要求しており、応じなければ米国は相互主義を超える対応をすることになる」とツイートした。

  フィラデルフィア半導体株指数は一時4.4%安と、4月19日以来の大幅な下落率となった。スマート・グローバル・ホールディングスやマイクロン・テクノロジーを中心に、同指数を構成する30銘柄のうち29銘柄が下げた。バリュエーションが「年内いっぱい抑えられた」状態が続くとして野村に投資判断を引き下げられたインテルも、半導体株を押し下げた。

原題:Big Tech Lags S&P 500 by Most Since March on China-Blowback Fear(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE