コンテンツにスキップする

米ボーイング:航空ショー待たずに大型受注公表、1兆5800億円相当

  • ベトナムのバンブー航空とインドのジェット・エアウェイズから受注
  • その年最大の航空ショーで受注を発表するのが業界の慣行だった

ボーイングは来月の英ファンボロー国際航空ショーを待たずに大型受注を公表した。

  ボーイングの受注残は25日に発表した144億ドル(約1兆5800億円)相当の受注により増えることとなった。業界ではその年最大の航空ショーまで受注の公表を差し控えることが慣行となっている。ファンボロー国際航空ショーとパリ航空ショーは隔年で交互に開催されている。

  ベトナムの新興航空会社バンブー航空はボーイングの双通路機787ー9「ドリームライナー」20機を発注した。両社が25日の発表資料で明らかにした。表示価格ベースでは約56億ドル規模の取引となる。この日、これより先にインドの航空会社ジェット・エアウェイズがボーイングの単通路機737「マックス」75機の発注を発表した。発注額は表示価格ベースで88億ドル。

  ボーイングの25日の株価終値は2.3%安の331.20ドル。

原題:Boeing Gets a Jump on Airshow With $14.4 Billion in Jet Deals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE