コンテンツにスキップする

英インマルサット争奪戦にも-仏ユーテルサット、買収案提示検討

更新日時

フランスの通信衛星運営会社ユーテルサット・コミュニケーションズは、同業の英インマルサットに買収案を提示することを検討している。インマルサットに対しては米エコスターが既に買収案を示しており、争奪戦に発展する可能性がある。

  ユーテルサットは25日の発表資料で、買収案を提示するかどうか、する場合はどういった条件になり得るか確実に決まったものはないと説明した。ブルームバーグ・ニュースはこれより先、ユーテルサットがインマルサットへの買収案提示を検討していると報じており、それを認めた形だ。ユーテルサットは英国の買収ルールの下、買収案を提示する意思があるか、あるいは提示しないと決定したかを7月23日までに明らかにする必要があるとしている。

  ブルームバーグは事情に詳しい複数の関係者を引用し、ユーテルサットが買収案を示す場合の資金調達に関してアドバイザーと話し合っていると伝えていた。関係者は情報が部外秘であることを理由に匿名で語った。インマルサットはコメントを控えた。

(更新前の記事で見出しの国名を英に訂正済みです)

原題:Eutelsat Confirms It’s Evaluating a Possible Offer for Inmarsat(抜粋)

(第3段落にアドバイザーとの協議などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE