仮想通貨、株式や債券と同じ規制の対象とする必要-BIS経済顧問

  • 仮想通貨の定義を巡りコンセンサスが形成されつつある可能性
  • 仮想通貨交換所にも証券取引所の基準を適用することが賢明とSEC
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

国際決済銀行(BIS)の経済顧問で、調査責任者を務めるヒョン・ソン・シン氏は24日に開かれたBISの年次総会でのスピーチで、仮想通貨の多くについて、株式や債券と同一視すべきだと主張した。

  ヒョン氏は「金銭的な利益を目的としてデジタルトークンを保有するために人々が資金を投じるとすれば、恐らくそれを証券として扱い、リターン目的で投資家に提供される他の証券と同じ厳格な文書要件と規制の対象とすべきだ」と語った。

  イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁も数カ月前、仮想通貨交換業者に証券取引所と同じ基準を適用することが賢明との米証券取引委員会(SEC)の見解を支持する考えを表明し、これら新たな投資手段をどのように定義するかを巡り、コンセンサスが形成されつつあるように見受けられる。英中銀は英金融行動監視機構(FCA)、財務省とのタスクフォース(作業部会)の一環として、新たなルールの可能性を検討している。

原題:BIS Signals Cryptocurrencies Should Be Regulated Like Securities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE