コンテンツにスキップする

ネットフリックス:広報の最高責任者が辞任-職場で人種差別的な発言

オンライン動画配信サービスの米ネットフリックスの最高広報責任者、ジョナサン・フリードランド氏が退職する。職場での人種差別的な発言が背景にある。

  フリードランド氏は22日にツイッターで、同僚に「配慮に欠ける」発言をしたことを受けて辞任すると表明。ブルームバーグが入手した文書によると、同氏は過去1年で2回、黒人を軽蔑するような表現を使ったという。

  リード・ヘイスティングス最高経営責任者(CEO)は文書で、「フリードランド氏が職場で少なくとも2回、差別的表現を用いたことは、人種を巡る問題意識と感度が容認できないほど足りないことを示しており、企業としてのわれわれの価値観と相いれない」と指摘した。  

  ジャーナリスト出身のフリードランド氏は2011年にネットフリックスに入社。同社の対外広報を統括していた。

原題:Netflix Fires Spokesman Over His Use of Racial Slur at Work(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE