日海洋掘削:会社更生手続き開始、負債総額は連結で約860億円

訂正済み
  • 22日付で東証整理銘柄に指定、7月23日に上場廃止
  • 大株主に石油資源開発や三菱マテリアル-国際石油開発帝石も保有

石油・天然ガスの海洋掘削を手掛ける日本海洋掘削は22日、東京地方裁判所に会社更生手続き開始を申し立て、受理されたと発表した。負債総額は連結で約860億円。ここ数年の原油安を受けた掘削事業の需要低迷が響いた。

  同日付で東京証券取引所の整理銘柄に指定され、7月23日に上場廃止となる。負債の内訳は単体で同社が約905億円、オランダ子会社のJDNが約321億円。JDNに対する日本海洋掘削の債権および同社連結子会社の同社に対する債権に取り立て不能の恐れがある。

  1968年に日本唯一の石油・天然ガス海洋掘削事業会社として設立された同社の筆頭株主は石油資源開発で、持ち株比率は3月末時点で約31%。次いで三菱マテリアルが20%、国際石油開発帝石が6.4%保有している。

  日本海洋掘削の発表文によると、2018年3月期に155億円の債務超過、3期連続で営業・経常・当期純ベースで赤字を計上した。広報担当者は14年後半からの原油価格下落の影響で石油開発各社の投資が鈍化し、需要悪化や案件キャンセルなどの影響を受けた上、14年に決めた新規設備に対する過大な投資が収益を圧迫し、自助努力による経営改善は困難との判断に至ったと説明した。

  原油価格は足元で回復傾向にあるものの、同社の財務を支える状況にはないという。スポンサー選定に向けて国内企業を中心に協議を進める一方、事業継続に当面必要なキャッシュはあり、既存事業は続けていくとも同担当者は匿名を条件に話した。

  同社株は09年12月17日に東証1部上場。初値は5000円で、13年には終値ベースで最高値の1万220円を付けたが、6月22日は上場来安値の1279円で引けた。 

  

(見出しやリードの負債額を約860億円に訂正します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE