OPEC、名目100万バレル増産で合意-ロシアなど加え批准へ

更新日時
  • 実質的に日量70万バレル程度の供給増加になる-ナイジェリア石油相
  • 最終コミュニケは具体的な増産水準を明記せず

石油輸出国機構(OPEC)は22日ウィーンで開いた総会で、来月からの原油増産に合意した。イランが増産に反対し拒否権発動をちらつかせていたが、ぎりぎりの妥協にこぎ着けた。ロシアなど非加盟国も合意に加わる見込みで、原油高が一服しそうだ。

  サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は総会後記者団に、「名目」で日量100万バレルの増産に合意したと述べた。一部の産油国には増産の余力がないため、今年下期の市場に実質的に供給が増えるのは日量70万バレル程度になるだろうと、ナイジェリアのカチク石油資源担当国務相が述べた。

ナイジェリアのカチク石油資源担当国務相

(出所:Bloomberg)

  原油高を緩和するための増産を1カ月にわたり主張してきたサウジアラビアとロシアの思惑が通った形だ。ただ、最終的な声明にはファリハ・エネルギー相が述べた増産の規模は明記されず、ベネズエラなどによる意図した以上の減産を巻き戻し、2016年に当初合意した生産水準に戻すことに焦点を当てるとしている。

  OPECは総会での合意を批准するため、ロシアなど非加盟の産油国を加えたOPECプラスの会合を23日に開く。

原題:OPEC Agrees to Oil-Output Boost After Reaching Iran CompromiseOPEC+ Will Boost Oil Output After Saudis Secure a Deal With Iran(抜粋)

(情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE