コンテンツにスキップする

ウェルズ・ファーゴ、株式・債券アナリスト10人を今週削減

A pedestrian walks past a Wells Fargo & Co. bank branch in Washington, D.C.
A pedestrian walks past a Wells Fargo & Co. bank branch in Washington, D.C. Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
A pedestrian walks past a Wells Fargo & Co. bank branch in Washington, D.C.
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米銀ウェルズ・ファーゴは、より大掛かりなコスト削減策の一環として、リサーチアナリスト10人を今週に入り解雇した。内訳は株式アナリストが6人、債券アナリストが4人という。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同行の広報担当者は「内部の人的資源の適切な調整を確実に行うため、顧客と市場のニーズを絶えず評価している」と回答した。

  人事異動の情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、失職する6人の株式アナリストは、半導体業界をカバーするデービッド・ウォン氏と保険業界を担当するショーン・ダーガン氏、アンドルー・スピノーラ氏(衛星通信サービス)、デービッド・リム氏(自動車)、クリス・マニュエル氏(紙・包装)、ジェフリー・ファーマー氏(外食)。6人に電話や電子メールでコメントを求めたが、コメントを控えているか、これまでのところ返答がない。

原題:Wells Fargo Is Said to Cut 10 Research Analysts to Trim Costs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE