コンテンツにスキップする

中国の小米、バリュエーション世界一の電話メーカー目指す

  • 予想PERが最大51.3倍となるIPO価格でマーケティングと関係者
  • 小米の担当者はPERについて今のところコメントできないと説明
CK Hutchison and Xiaomi Corp. News Conference on Global Strategic Alliance
Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg
CK Hutchison and Xiaomi Corp. News Conference on Global Strategic Alliance
Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg

中国の小米はバリュエーション目標を引き下げたが、それでも香港上場後に世界一高い株価収益率(PER)の電話機器メーカーとなることを目指している。

  小米は新規株式公開(IPO)に向け、予想PERが最大51.3倍となる水準でのIPO価格でマーケティングを進めている。事情に詳しい関係者が語った。

  この予想PERはIPOでオーバーアロットメントを全て行使されたとの想定に基づくが、ブルームバーグの集計データによれば、時価総額100億ドル(約1兆1000億円)以上のどの通信機器メーカーより高い水準だ。

Pricey Shares

Xiaomi seeks valuation premium to rival phone brands, internet companies

Source: Bloomberg reporting, data compiled by Bloomberg

Xiaomi figures assume IPO prices at high end and over-allotment option is fully exercised.

  米アップルを大きく上回り、中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)やアリババ・グループ・ホールディングを超えるバリュエーションを小米が得ようとしていることをデータは示している。小米の担当者はPERについて今のところコメントできないとしている。

原題:Xiaomi Has Shot at Becoming World’s Most Expensive Phone Maker(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE