コンテンツにスキップする

アジア株下落、このままいけば調整局面入り-貿易の先行き懸念

  • MSCIアジア太平洋指数は前日比0.3%安-1月から10%下落
  • 21日に弱気相場入りしたフィリピン株は7営業日続落

22日のアジア株式相場は下落。このままいけば調整局面入りする。世界の貿易の先行きを巡る投資家の懸念が広がっている。

  MSCIアジア太平洋指数は香港時間午前11時51分(日本時間午後0時51分)現在、前日比0.3%安の168.41。今年1月のピークからの下落率は10%に達している。先週末比では2.5%の下げ。前日に弱気相場入りしたフィリピン株は7営業日続落。

Asian Bears

原題:Asian Stocks Poised for Correction Amid Global Trade Jitters(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE