コンテンツにスキップする
Photographer: Nelson Ching
cojp

中国は目標の経済成長率を達成する公算-貿易摩擦激化でも

  • 来年の成長率は6.3%、2020年は6.2%に鈍化する見込み
  • 21日終了のブルームバーグ最新エコノミスト調査が示した
Commuters walk through the central business district in Beijing, China, on Tuesday, Jan. 18, 2011. China's growth accelerated to 9.8 percent in the fourth quarter as industrial production and retail sales picked up, adding pressure on policy makers to keep raising interest rates.
Photographer: Nelson Ching

米国との貿易摩擦激化に直面する中国だが、政府が掲げる今年の経済成長率目標は達成しそうだ。ブルームバーグのエコノミスト調査が示した。

  21日に終わったエコノミスト60人を対象にした最新調査の中央値によれば、今年の中国経済の成長率は6.5%となる見通し。政府目標と同じで、予想値は今年1月半ばから変わっていない。5月の経済統計は期待外れだったが、世界2位の経済大国への信頼感が示される調査結果となった。

  来年の成長率は6.3%、2020年については6.2%に鈍化すると見込まれている。

Strong Growth

原題:China’s Economic Growth Seen Holding Up, Bloomberg Survey Shows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE