コンテンツにスキップする

中国は米国との衝突回避、内政に集中を-国営の環球時報

  • 米国はなお国防やテクノロジー、国際的な影響力の面で優位
  • 中国は経済を発展させ結束を維持すべき-環球時報

米国との競争は今後激しくなるだろうが、中国人民は「戦略的冷静さを保つ」とともに、衝突を避け、内政に焦点を絞るべきだ。中国国営の環球時報が社説でこう訴えた。同紙は過激な論調で知られるが、今回は抑制的な対応となった。

  環球時報は対米関係について、「より複雑化し将来的には危機が生じる可能性もある」としながらも、米国が引き続き国防やテクノロジー、国際的な影響力の面で優位にあると指摘。このため、中国は「米国の厳しい中国政策による圧力」に対抗する方法の一つとして、経済を発展させ結束を維持すべきだと訴えた。

  同紙はまた、「貿易戦争が中米関係の対立の最も大きな原因となっているが、貿易を巡る緊張は台湾や南シナ海問題とともに大きなうねりにはならない」と指摘した。

原題:China Should Focus Domestically, Avoid U.S. Clash: Global Times(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE