コンテンツにスキップする

中国の経済開放は「ジョーク」ではない、習主席が米国務長官に反論

  • ポンペオ米国務長官は中国の経済開放アピールを「ジョーク」と指摘
  • 「お互いに争わず、より大きなケーキを焼くため共に働こう」-習主席
中国の習近平国家主席

中国の習近平国家主席

Photographer: Jason Alden/Bloomberg
中国の習近平国家主席
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

中国の習近平国家主席は21日、同国の経済開放を「ジョーク」だと考える人は改革の取り組みに対する中国国民の自信を目にしていないと指摘。開放政策を批判する向きに反論した。

  ポンペオ米国務長官は今週、「中国の指導者らは過去数週間に開放とグローバル化を主張してきたが、それはジョークだ」と発言。さらに中国について、「今の世界に対して最も略奪的な経済体制の国」だと決め付けた。

  AP通信が報じたところによれば、習主席は海外の財界トップらに向けた北京での講演で、「経済成長が弱い時期には、保護貿易主義や孤立主義、ポピュリズムが台頭し、世界の平和や発展がますます難しい課題となる」と述べた。

  さらに「世界的な金融危機が起きたのはほんの数年前だ。教訓はまだ得られていない。われわれはまだ完全には回復していない。こうした現状でお互い争いを始めるべきではない。より大きなケーキを焼くため共に働こうではないか」と語った。

原題:Xi Hits Back at Critics Who Call China’s Opening Up ‘a Joke’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE