コンテンツにスキップする

コロニー・キャピタル、アブラージの主要ファンドの一部買収で合意

  • コロニーはアブラージの中南米やトルコなどのファンドを取得
  • アブラージの残りのファンドも暫定的に所管

米資産運用会社コロニー・キャピタルは、ドバイを本拠地とするプライベートエクイティ(未公開株、PE)投資会社アブラージの主要ファンドの一部を買収し、残りのファンドを所管することで合意した。資金不正流用疑惑に揺れるアブラージは、裁判所の監督下で立て直しを図っている。

  アブラージが電子メールで送付した発表資料によると、コロニーはアブラージの中南米およびサハラ以南のアフリカ、北アフリカ、トルコのファンド運営事業のほか、基幹ファンドのリミテッドパートナーシップ権益を取得することで基本合意に達した。ただ、合意の規模は明らかにされていない。合意の一環として、8拠点のスタッフが配置転換となる。

  コロニーはアブラージの他のファンドを暫定的に所管することにも同意している。両社の合意は当局の承認を大筋で受けており、手続きは7月1日までに完了する見込み。

  アブラージは今週、グループ持ち株会社と資産運用部門について、ケイマン諸島の裁判所が暫定清算人を指定したと発表。5カ月足らず前には、傘下のヘルスケア・ファンドの資金不正流用疑惑を巡り、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団を含む一部株主が監査を外部に依頼していた。

原題:Colony Capital Agrees to Buy Some of Abraaj’s Key Funds (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE