コンテンツにスキップする

カナダ、嗜好用マリフアナを10月17日に合法化-主要7カ国で初

  • 解禁日を遅らせることで地方政府により多くの準備期間を与える
  • 上院が19日夜に合法化法案を可決し、解禁日の発表が可能になった

カナダのトルドー首相は20日、嗜好(しこう)用マリフアナ(大麻)を10月17日に合法化すると発表した。嗜好用マリフアナが解禁されるのは主要7カ国(G7)で初めて。

  トルドー首相はかねて、今夏の終わりまでに市場を自由化すると約束していたが、解禁日を若干遅らせることで小売り販売に対応するより多くの準備期間が地方政府に与えられると議会に説明。上院が19日夜に合法化法案を可決したことで、連邦政府による解禁日の発表が可能になった。

1500915648_canada-420

カナダ・オタワで開かれたマリフアナのイベント「420デー」で大麻を吸う住民

  カナダ株の指標であるS&Pトロント総合指数は20日に過去最高値を更新。カナダの医療用マリフアナ製造会社キャノピー・グロースの株価は、6.7%高の45.36カナダ・ドルと、上場来高値で取引を終えた。マリフアナ関連株の指標であるBIカナダ・カンナビス・コンペティティブ・ピアーズ(BINACCCP)指数は3.5%高。

原題:Marijuana Will Become Legal in Canada on Oct. 17, Trudeau Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE