コンテンツにスキップする

中国の小米IPO、企業評価は最低だと6兆円-当初目標の半分程度か

  • 21億8000万株を公開、仮条件レンジは1株当たり17-22香港ドル
  • 小米を539億-698億米ドルと評価-当初最大1000億ドル目指していた
Xiaomi Launches the Mi MIX 2S Smartphone
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
Xiaomi Launches the Mi MIX 2S Smartphone
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国スマートフォンメーカーの小米は21日、香港での新規株式公開(IPO)に向けてマーケティングを開始したが、同社の価値は最低で539億米ドル(約6兆円)と評価され、当初目標の半分程度にとどまる可能性がある。

  公開株数は21億8000万株で、仮条件のレンジは1株当たり17-22香港ドル。ブルームバーグが入手したIPO条件によれば、仮条件レンジはかつて世界で最も価値あるスタートアップ企業だった小米を539億-698億米ドルと評価。評価額はオーバーアロットメント・オプションが行使されると最大703億米ドルとなる。

  小米の経営陣は上場準備を昨年始めた際、IPOで最大1000億米ドルのバリュエーションを目指しているとブルームバーグ・ニュースは報じていた。

原題:Xiaomi IPO Could Value Smartphone Giant at Half Its Initial Goal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE