コンテンツにスキップする
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg
cojp

米商務省、鉄鋼関税で日本製品含む42件の適用除外認定-7社が申請

  • 日本とベルギー、中国、ドイツ、スウェーデンからの輸入が対象
  • 商務省は11社からの56件については適用除外の申請を却下
Emissions rise from chimneys at the Nippon Steel & Sumitomo Metal Corp. plant stands in Kashima, Ibaraki, Japan, on Wednesday, April 18, 2018. President Donald Trump and Japanese Prime Minister Shinzo Abe committed Wednesday to intensify bilateral trade talks. Trump is pushing for an agreement that would reduce the U.S. trade deficit with Japan, while Abe is seeking an exemption from the steel and aluminum tariffs that Trump announced last month.
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

米商務省は20日、鉄鋼輸入制限措置として発動した追加関税の適用除外製品の第1弾を公表した。国産品で代用できず、国家安全保障上の懸念がないと認定した日本とベルギー、中国、ドイツ、スウェーデンからの42件の輸入が適用除外の対象となる。

  商務省によれば、適用除外の申請が承認されたのは、シック・マニュファクチャリング(本社コネティカット州)とナチ・アメリカ(同インディアナ州)、ザップ・プレシジョン・ワイヤ(同サウスカロライナ州)など7社。11社からの56件については適用除外の申請を却下した。

  トランプ政権は、通商拡大法232条に基づき鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の追加関税を課す輸入制限措置を今年3月に発動。米企業は自社の生産活動に必要な特定の金属製品について、適用除外の申請が認められた。

  商務省は20日に最初の決定を発表し、「鉄鋼・アルミの適用除外申請に関する決定は継続的に公表する」と説明した。

  適用除外が認められた7社の英語名は次の通り。

  Schick Manufacturing Inc. of Shelton, Connecticut
  Nachi America Inc. of Greenwood, Indiana
  Hankev International of Buena Park, California
  Zapp Precision Wire of Summerville, South Carolina
  U.S. Leakless, Inc. of Athens, Alabama
  Woodings Industrial Corporation of Mars, Pennsylvania
  PolyVision Corporation of Atlanta, Georgia

原題:U.S. Issues First Round of Products Excluded From Steel Tariffs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE