コンテンツにスキップする

ZTE巡る米大統領と共和党議員の会合、妥協案で進展-上院議員

  • 妥協案は安保上の懸念に対応しつつZTEの事業継続認める内容
  • 大統領が目指すZTE制裁再開条項の緩和に関して合意まとまらず

中国の通信機器メーカー、中興通訊(ZTE)を巡り、ホワイトハウスで20日行われたトランプ米大統領と共和党の上下両院議員との会合では、議員側の米国家安全保障上の懸念に対応しつつ、ZTEの事業継続を認める妥協案に向け前進した。共和党議員数人が明らかにした。

  トランプ大統領は上院国防権限法案に盛り込まれたZTE制裁再開条項の緩和を目指しているが、これに関して合意はまとまらなかった。同大統領は中国の習近平国家から直接要請を受け、ZTEの事業を継続させるため制裁解除に同意。一方、上院議員はZTEが米国の安全保障を脅かしているとして、制裁強化を望んでいる。

原題:Senators Cite Progress But No Deal on ZTE After Trump Meeting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE