サウジが日量60万バレル増産を提案、OPECなどで

更新日時
  • サウジ案は実際の生産削減量推定に基づいている
  • サウジ案にはイラン、ベネズエラ、アルジェリアが反対する見込み

Photographer: Akos Stiller / Bloomberg

サウジアラビアは石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟産油国から成る「OPECプラス」の原油生産を日量60万バレル前後引き上げる案を主張している。OPECの協議に詳しい代表団の関係者らが明らかにした。

  これら関係者が匿名で明らかにしたところでは、同案では、OPECプラスが当初の減産目標である日量180万バレルを超えて削減している分に基づき複雑な計算が行われている。サウジと同盟国は現在の総削減量を日量280万バレルと推定しており、合意文書は100万バレルの増産によりOPECプラスは当初の目標180万バレルに戻る見通し。しかし、大半の国は増産できないため、実際に市場に供給されるのは恐らく60万バレルにとどまるとされた。

  多くの市場専門家が異議を唱える可能性がある生産データに基づいたこの複雑な増産案は、より大幅な増産を主張するロシアと、増産は不要とするイランの溝を埋めようとするサウジの難しい立場を如実に示す。同案はまだOPEC全加盟国の支持は得ておらず、イランのほか、ベネズエラやアルジェリアなどが抵抗する可能性が高い。

  この最新案は、ブルームバーグが先に伝えた日量30万-60万バレルの増産案を具体化したもの。22日のOPEC総会を前に、幾つかの国が増産案を提示したものの、まだ合意はまとまっていない。

原題:Saudis Said to Float Deal to Raise OPEC+ Oil Output 600,000 B/D(抜粋)

(サウジ案の内容などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE