米中古住宅販売:2カ月連続マイナス、在庫不足や価格上昇が響く

更新日時

全米不動産業者協会(NAR)が発表した5月の中古住宅販売件数は、市場予想に反して前月から減少した。マイナスは2カ月連続。住宅在庫の不足や価格上昇が需要を押し下げた。

中古住宅販売のハイライト(5月)

  • 販売件数は前月比0.4%減の年換算543万戸、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は552万戸-前月は545万戸(速報値546万戸)
  • 販売価格(中央値)は前年同月比4.9%上昇の26万4800ドルと、過去最高
  • 在庫は前年同月比6.1%減の185万戸、5月としては過去最低水準

  販売を地域別に見ると、4地域中3地域で減少。中西部で2.3%減、西部は0.8%減った。販売に対する在庫比率は4.1カ月。前月は4カ月だった。同比率が5カ月を下回ると供給タイトと、NARは認識している。

  一戸建て住宅の販売は0.6%減の年率481万戸。集合住宅は1.6%増の62万戸だった。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Existing-Home Sales Unexpectedly Fall on Inventory Woes (1)(抜粋)

(詳細を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE