コンテンツにスキップする

北朝鮮の金委員長、「段階的な」核協議を要求-習国家主席との会談で

  • 米朝間で意見相違が続いている新たな兆候か
  • トランプ、金両氏は非核化協議のペースについて異なる見解示す
NKOREA-POLITICS-MISSILE
Photographer: STR/AFP
NKOREA-POLITICS-MISSILE
Photographer: STR/AFP

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は核兵器の放棄を急いでいないようだ。

  金委員長は今週実施した中国の習近平国家主席との会談で、先週のトランプ米大統領との首脳会談での合意事項を実行するにあたり段階的なプロセスをあらためて求めた。中国国営メディアが報じたところによると、金氏は「米朝首脳会談でのコンセンサスを一歩ずつ着実に実行することが」できるなら、非核化は両サイドに新たな可能性を開くことになるだろうと話した。

  金委員長の発言は北朝鮮の核放棄と制裁緩和を巡り米朝間で意見の相違が続いている新たな兆候となった。トランプ大統領は「完全な非核化」が達成されない限り制裁緩和はないとの考えを示している一方、北朝鮮の国営メディアはトランプ氏が「段階的な」プロセスに同意したとこれまでに伝えている。

  米国はシンガポールでの米朝首脳会談が非核化への一段と具体的なコミットメントに確実につながることを目指しているが、3月以降で3度目となった金氏の訪中は習主席が主要な役割を果たしていることをあらためて裏付けた。6月12日にトランプ、金両氏が署名した合意文書には北朝鮮の非核化に向けた工程表は含まれていなかった。トランプ氏はどの程度の時間がかかるのか分からないが、「早急に実施されるだろう」と記者団に述べていた。

原題:Kim Urges ‘Step-by-Step’ Nuclear Talks in Meeting With Xi(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE