コンテンツにスキップする

ディズニー、フォックス資産への買収案を713億ドルに引き上げ

更新日時
  • 新買収案はフォックスの資産に1株当たり38ドル支払う内容
  • コムキャストは先週、1株当たり35ドルの対抗案を提示していた

米ウォルト・ディズニーは、米21世紀フォックスのエンターテインメント資産に対する買収提示額を713億ドル(約7兆8500億円)に引き上げた。同じく同資産の買収を目指している米コムキャストの提示額を上回る。

  ディズニーによる新たな買収案は1株当たり38ドルで、同社が昨年12月に提示した額を10ドル程度上回り、コムキャストが先週提示した額より3ドル高い。フォックスはこの新たな買収案を受け入れ、コムキャストによる650億ドルの買収案より柔軟性があり、中身も充実していると評価した。ただ、コムキャストが条件を引き上げて再び買収案を提示する機会はまだ残されている。

  ディズニー、コムキャストとも、フォックスのエンターテインメント資産獲得によるコンテンツ拡充や海外への拡大を目指している。 

  ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)のアナリスト、ポール・スウィーニー氏はディズニーによる最新の買収提案について、ボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は「極めて積極的に動いた」と述べ、コムキャストとしては対応が難しくなる可能性があると分析した。コムキャストは、現在の買収案でも既に債務が大きく増加する見通しとなっている。

原題:Disney Sweetens Offer for Fox to $71 Billion, Outbidding Comcast(抜粋)

(情報を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE