コンテンツにスキップする

貿易摩擦の資金避難先、カナダのテク・ヘルスケア株や国債が狙い目

  • 投資家はカナダ市場から完全には撤退すべきでない-ストラテジスト
  • CGIやパワー・コープのほか、REITもお薦め

世界的規模で貿易摩擦がエスカレートしつつある中で、カナダ市場の投資家が嵐が収まるまで資金を避難させるとしたらテクノロジー株やヘルスケア株、不動産投資信託(REIT)、国債だとストラテジストは指摘する。

  米中両国が報復関税の脅し合いをする中、カナダ株の指標であるS&Pトロント総合指数は19日、世界の大半の株価指数と同じく下げた。カナダ・ドルも下落したが、カナダ国債は上げた。

  北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の停滞やカナダからの鉄鋼・アルミニウム輸入への米関税を考慮すると、カナダは安全な投資先に思えないかもしれない。しかし、ローレンシャン・バンク・セキュリティーズのチーフストラテジスト、リュック・バレ氏は、投資家はカナダ市場から完全には撤退すべきではないと主張する。

  バレ氏は電話インタビューで、カナダと米国の両国で事業展開し、関税が導入されても大きな影響を受けない情報技術(IT)サービス会社、CGIグループなどのテクノロジー企業への投資を勧める。またヘルスケア企業やREITのほか、パワー・コーポレー ション・オブ・カナダなど中国への投融資を増やしている保険会社も選好している。

  テクノロジーとヘルスケア・セクターのS&Pトロント総合指数への影響力は小さく、ウエートはそれぞれ4.2%と1.4%にとどまっている。しかし、だからといってカナダ株式市場全体がアンダーパフォームするとは限らない。バレ氏は今年のS&Pトロント総合指数の上昇率を11%、S&P500種株価指数を約5%と見込んでいる。ただS&Pトロント指数の今年これまでの上昇率は1%弱と、S&P500の3%を下回っている。

  最後の頼みの綱として、カナダ国債は常に安全な投資先だ。世界的に資産を逃避させる動きが同国債の追い風になっており、10年債利回りは19日、5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下して2.15%と、4月9日以来の低水準となった。

原題:Profiting From Trade Wars: Buy Tech, Healthcare as Stocks Tumble(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE