コンテンツにスキップする

トランプ米大統領:下院の共和党移民法案、議会通過すれば署名する

  • 下院共和党は越境者から子供を引き離す政策廃止に向け2法案を修正
  • 子供を引き離す政策は厳しい批判を浴びている

トランプ米大統領は19日、下院の2つの共和党移民法案のどちらが議会通過しても署名する意向を示した。いずれの場合でも、メキシコ国境の違法越境者から子供を引き離す政策は撤回される。同政策は厳しい批判を浴びている。

  トランプ大統領は同日夜に議会議事堂で開かれた非公開会合で共和党下院議員らに対し、下院保守派が支持している比較的制限の多い移民法案か、あるいは、より穏健な共和党議員の取り込みを図る譲歩法案のいずれかに署名するつもりだと伝えた。

  下院共和党はトランプ政権の不法移民家族から子供を引き離す政策を変えるため、法案の条項強化を急いだ。

  ホワイトハウスのシャー報道官は発表資料で、「トランプ大統領は2つの下院移民法案への支持を示した。両法案には壁建設や法の抜け穴をふさぐこと、ビザ抽選制度取りやめ、連鎖移民制限が盛り込まれているほか、家族一緒の収容・国外撤去を認めることにより国境危機と家族の切り離し問題を解決する内容となっている。トランプ大統領は共和党議員らに、『私は100%あなた方に同感だ』と述べた」と説明した。

  しかしどちらの法案が下院を通過するかは不透明だ。

原題:Trump Backs GOP Immigration Bills Amid Family Separation Furor(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE