コンテンツにスキップする

貿易戦争の大騒ぎ、新興市場を直撃-南ア・ランドが急落

  • 新興市場の国債は米国債に対するスプレッドが平均で9bp拡大
  • 上海総合指数は一時5%安、ロシア・ルーブルとトルコ・リラも下落

米国が中国に対する貿易戦争で攻撃の論調を強める中で、新興市場の通貨はほぼ全面安、株は3月以来の大幅下落となっている。

  南アフリカ共和国の通貨ランドは急落し、昨年11月以来の安値を付けた。新興市場の国債は米国債に対するスプレッドが平均で9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大。新興国株式の指標であるMSCI新興市場指数は2%を超える下げ。上海総合指数は一時5%近く下落した。

  米欧の金融当局のよりタカ派的な政策姿勢、ドル高、欧州の政治リスクの高まりなど新興市場への逆風に、米中貿易戦争が長期化する兆候が加わった。最近のトルコとアルゼンチンの通貨危機もセンチメントを悪化させた。

  ファーストランドバンク(ヨハネスブルク)の債券トレーダー、ゴードン・カー氏はリポートで「新興市場資産を売る理由が次から次へと出てくるようだ」と記述。トルコ、イタリア、貿易戦争に言及した。

  みずほ銀行によれば、ランド下落は日本の個人投資家の売りで増幅された。全体的なリスクオフのセンチメントが理由だと、みずほ銀行国際為替部アジア・エマージングチームのトレーダー、中村泰弘氏は述べた。

  ヨハネスブルク時間午後1時4分現在、ランドは対ドルで1.7%安の13.8753ランド。対円では一時2%超下げた。

  ロシア・ルーブルは対ドルで0.9%安、トルコ・リラは同1.3%安。トルコの10年物国債利回りは初めて17%を超えた。

Behind rand's drop?

原題:Rising Trade-War Clamor Batters Emerging Markets as Rand Tumbles(抜粋)
Rising Trade-War Clamor Batters Emerging Markets as Rand Tumbles

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE