コンテンツにスキップする

米中が追加関税で報復合戦の恐れ、貿易摩擦激化は必至の様相

更新日時
  • トランプ大統領は10%関税の対象に2000億ドルの輸入品特定を指示
  • 米国が新たな関税リスト公表なら強力な報復措置講じる-中国商務省

トランプ米大統領は18日、中国が発表済みの報復措置を実施すれば、同国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当に追加関税を適用すると警告した。中国側は直ちに対抗する姿勢を打ち出し、このまま行けば米中貿易摩擦の一段の激化は必至の様相だ。

  中国商務省は19日午前の声明で、米国が2000億ドル相当の新たな関税リストを公表すれば、「強力な」報復措置を取るだろうと表明。「米国が正気を失い、そのようなリストを公表すれば、中国は包括的な量的・質的措置を講じ、強力に報復せざるを得ないだろう」とした。

  大統領は18日夜の声明で、10%の追加関税の対象とする2000億ドルの中国製品を特定するよう通商代表部(USTR)に指示したと発表した。また、この新たな関税を実施して中国が再び報復措置を講じた場合は、さらに2000億ドル相当の中国からの輸入品に関税を課すとしている。

  トランプ大統領は声明で、「米国は今後、貿易に関して中国や他の国から利用されることはない。われわれは全ての米国民にとってより良く、一段と公正な貿易システムの構築に向け、引き続き利用可能なあらゆる手段を行使していく」とする方針を表明した。

  トランプ大統領は15日に、中国からの輸入品500億ドル相当への25%の追加関税措置を発表したばかりで、その際、中国が報復措置を講じた場合は追加関税を課すと述べていた。中国は直ちに報復措置を発表した。

  大統領は18日の声明で、中国の脅しは「米国を不当な形で恒常的に不利な立場にとどめようとする決意を明確に示す」とした上で、「これは受け入れられない。中国が不公正な慣行を是正して米産品に市場を開放し、よりバランスの取れた通商関係を受け入れるよう促すため、さらなる措置を講じなければならない」と主張した。

  米政府統計によると、米国の昨年の中国からのモノの輸入は5050億ドル、中国への輸出は約1300億ドルで、対中貿易収支は3760億ドルの赤字だった。

  米アメリカン・エンタープライズ研究所(AEI)の中国担当研究員、デレク・シザーズ氏は、2国間貿易で米国の輸入額が中国を上回ることから、中国政府がトランプ大統領に対抗するのはより困難だと指摘。「中国ができるのはせいぜい、より少ない数の製品の関税率を引き上げることだ」と述べた。

原題:Trump Targets $200 Billion in Chinese Imports as Spat Grows (2)(抜粋)

(中国商務省の発表などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE