コンテンツにスキップする

トランプ米大統領:民主党に責任、違法越境者から子供引き離す政策

  • 米国が「移民キャンプ」になるのを容認しない-トランプ大統領
  • ニールセン国土安全保障長官:子供の引き離しで謝るつもりはない

トランプ大統領は18日、自身の政権がメキシコ国境の違法越境者から子供を引き離す政策を取っているのは、合法移民を抑制する法案に民主党が反対しているためだと非難した。また、米国が「移民キャンプ」になるのを容認するつもりはないと言明した。

  トランプ大統領はホワイトハウスでのイベントで、米国が移民に関して抱えている「全ての問題」の責任は民主党にあると発言。家族を引き離す政策は、民主党が修正への同意を拒んだ「最悪の法律」がもたらしたとあらためて主張した。

  違法に越境し、拘束・収容された親から子供を引き離すことを義務付ける法律はなく、トランプ政権は4月に採用した同政策をいつでも取りやめることができる。オバマ民主党政権もブッシュ(子)共和党政権も同政策を採用しなかった。

  トランプ大統領は、「米国は移民キャンプにはならないし、難民収容施設にもならない。欧州や世界各地で起きていることを見れば良い。私がここにいる限り、米国でそのようなことは起こさせない」と述べた。

  ニールセン米国土安全保障長官はこれより先に、米政権は職務を果たしただけであり、メキシコ国境で家族が引き離されたことを謝罪するつもりはないと述べていた。

原題:Trump Tries to Blame Democrats as DHS Defends Family Separation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE