グーグル、中国JDドットコムに約610億円出資へ-電子商取引を強化

  • JDドットコムのクラスA新株を1株20.29ドルで取得
  • フランス国内ではカルフールとオンライン食品販売で提携

米アルファベット傘下のグーグルは中国の電子商取引会社JDドットコム(京東)に5億5000万ドル(約610億円)を出資する。電子商取引分野の強化を図る。

  18日の発表文によると、グーグルはJDドットコムのクラスA新株を1株当たり20.29ドル(1ADS=米国預託株式=当たり40.58ドル相当)で取得する。両社は東南アジアや米国、欧州など地域で小売りソリューションの共同開発を目指す。グーグルは先週、カルフールと提携しフランス国内で「ホーム」や「アシスタント」など同社のプラットフォームを通じて食品をオンライン販売すると発表したばかり。

  グーグルによる一連の動きは、電子商取引に対する同社の関心が強まっていることを示唆している。カルフールとの提携で消費者はグーグルのサービスを使い、スマートフォンやタブレットなどの機器を通じて必需品を注文することが可能になる。

  JDドットコムとは同社が持つ物流やサプライチェーンの専門知識とショッピングの仕方を変えようと試みるグーグルの技術を融合させることを目指す。

原題:Google to Invest $550 Million in China E-Commerce Site JD (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE