コンテンツにスキップする

メルケル独首相、連立政権崩壊の危機に直面-移民政策で内相が造反

  • CSU党首のゼーホーファー内相、難民送還を促す措置を要求
  • 首相は6月28、29両日開催のEU首脳会議までに欧州の合意を模索

ドイツの移民政策を巡る危機が今週、重大な局面を迎える。メルケル首相の政治生命を危険にさらすもので、既に欧州全般に波紋を広げている。

  メルケル首相は17日遅く、キリスト教民主同盟(CDU)の上級幹部とベルリンにある党本部で会談し、ゼーホーファー内相が首相の意向に反して難民を元登録国に送還する措置を求めた件についての対応を協議した。

  連立与党の一角であるキリスト教社会同盟(CSU)の党首を務めるゼーホーファー内相はメルケル首相に対して2週間の期限を設け、難民を欧州連合(EU)内で最初に登録した国に送還する措置について欧州各国とまとめるよう求める構え。この要求はCSUが18日にミュンヘンで開く幹部会で支持される見通しだと、独紙ビルトは伝えた。メルケル首相は造反したゼーホーファー内相を解任するかどうかを決断しなければならないが、CDUと姉妹政党CSUとの関係に亀裂が生じる恐れがある。

  ベレンベルク銀行のチーフエコノミスト、ホルガー・シュミーディング氏はメルケル首相の「就任以来、約13年で最悪の危機だ」と指摘。「CSUが移民政策で譲歩に応じなければ、メルケル政権はすぐに崩壊する可能性がある」が、そのシナリオになる「可能性は低い」と付け加えた。

Migrant Hotspots

  メルケル首相は16日にポッドキャストで、移民は「欧州の答えを必要とする欧州の課題だ」と述べ、「欧州を団結させる最も明確な課題の一つだと認識している」と説明。ドイツによる一方的な行動は危機拡大の引き金となると主張し、28、29両日の欧州連合(EU)首脳会議までの期間を使い何らかの合意を模索する考えを示した。

原題:Merkel at Risk as German Coalition Crisis Enters Critical Phase(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE