コンテンツにスキップする

米制裁対象のガートラー氏への支払い再開-グレンコア

  • 支払いは米国以外の金融機関を通じユーロ建てで行われる
  • 米財務省が派生的な制裁を検討しないかどうかは不明

商品取引で世界最大手、スイスのグレンコアが米政府による制裁措置の限界を試している。

  グレンコアはコンゴ民主共和国(旧ザイール)における長期的なパートナーであるダン・ガートラー氏への支払いを米当局の正式な承認なしに再開する。コンゴ国営の鉱山会社との係争を終わらせ、現地子会社の債務を事実上削減する合意で数日前に決着したことを受け、グレンコアは貴重な鉱山資産への権益を維持する取り組みの一環として同氏への支払いを再び始める。

1479204292_Dan-Gertler

ダン・ガートラー氏

撮影:Simon Dawson / Bloomberg

  15日の発表資料によれば、ガートラー氏への支払いは米国以外の金融機関を通じユーロ建てで行われる。グレンコアの広報担当者は、米国とスイスの当局と同社は協議したと説明したが、米財務省が派生的な制裁を検討しないとの保証を付与したかどうかについてはコメントしなかった。

  カビラ大統領と友人関係にあるガートラー氏は鉱山資産売却に絡んだ贈収賄疑惑で調査の対象となっており、米国は昨年12月に同氏に対する制裁を発動した。

原題:Glencore Tests U.S. Sanctions Resolve With Gertler Payments (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE