コンテンツにスキップする

NY連銀総裁:政策金利いずれ「やや引き締め的」に、労働市場ひっ迫で

米ニューヨーク連銀のダドリー総裁

米ニューヨーク連銀のダドリー総裁

Photographer: Andrew Harrer/ Bloomberg

米ニューヨーク連銀のダドリー総裁

Photographer: Andrew Harrer/ Bloomberg

米ニューヨーク連銀のダドリー総裁は、失業率が大きく低下したため、連邦準備制度は政策金利を数年後に「中立をやや上回る水準まで引き上げる必要が生じるだろう」と述べた。

  ダドリー総裁は15日の記者との電話会議で、「失業率は大半の人々の見地から、持続可能で、インフレの安定と整合する水準を既に下回っているため、フェデラルファンド(FF)金利はおそらく中立をやや上回る水準に引き上げる必要が生じるだろう。この結果、金融政策はいずれやや引き締め的になろう」と語った。

  ダドリー氏(65)は、10年間務めたニューヨーク連銀総裁の退任に際して、電話会議を開いた。週明け18日にはサンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁が後任に就く。

  ダドリー総裁は電話会議で「現在のサイクルにおけるFF金利の上限は過去のサイクルに比べて低くなると私はある程度予想しているが、それについてはかなりの不確実性を伴う」と話した。

  また、トランプ米大統領が署名した減税や連邦政府の歳出拡大は「2018年、19年さらにおそらく20年までずっと、米国経済にふんだんな刺激を与える見通しで、これもまた、金利軌道が具体的にどうなるか、どこまで金利が上昇するかに影響を与えるだろう」と続けた。

原題:Dudley Foresees Need for Fed Rate Hikes to Slow the U.S. Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE