コンテンツにスキップする

ロシア中銀:金利据え置き、2会合連続-新興市場波乱で緩和見送り

  • 1週間物入札レポ金利を7.25%で据え置いた
  • エコノミスト43人中22人が据え置き予想、残りは利下げ予想

ロシア中央銀行は15日、政策金利据え置きを発表した。インフレ期待の高まりや新興市場通貨への売り浴びせの中、4月会合に続いて利下げを見送った。

  中銀は1週間物入札レポ金利を7.25%で据え置いた。ブルームバーグのエコノミスト調査では43人中22人が据え置きを予想、残りは0.25ポイント利下げを見込んでいた。

原題:Russia Extends Its Rate Pause as Turmoil Sweeps Emerging Markets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE