コンテンツにスキップする

ECBはインフレ目標達成したと言える-ノボトニー氏

  • 1.7%か1.9%かは統計のあいまいさの範囲内
  • 完全な政策正常化には「相当時間がかかる」

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバ-のノボトニー・オーストリア中銀総裁は15日、ECBは2%弱というインフレ率の目標を達成したとの考えを示した。

  同総裁はウィーンで記者会見し「私の見解では、目標は達成された」と言明。「1.7%であるか1.9%であるかというのは統計のあいまいさの範囲内だ」とし、「ECBは目標を達成したと言ってよいと思う」と語った。これからの「仕事はこの成功を恒久的なものにすることだ」と付け加えた。

  ECBは金融政策正常化の道を歩み出したが、完全な正常化には「相当の時間がかかる」とも述べた。金融政策は依然として「かなり拡張的」だとし、バランスシート上に「資産のストックがまだある」ためだと説明した。

備考:ドラギ総裁:債券購入の年内終了決定、景気に自信-利上げは遅め

原題:Nowotny Says ECB Can Say It Successfully Reached Inflation Goal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE