コンテンツにスキップする

ユーロ圏:債券値上がり銀行株は急降下-利上げ予想19年12月に後ずれ

  • 初回利上げは19年夏の終わり以降とECB
  • イタリア10年債利回りは12bp低下の2.62%

15日の欧州金融市場でユーロ圏の国債は値上がり。一方、銀行株は売られた。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の14日の記者会見を受けてトレーダーがECBの利上げ時期予想を先送りした。

  短期市場の動向によると、トレーダーらは中銀預金金利が10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)引き上げられる時期を2019年12月と予想。ECBの政策発表直後は9月利上げが織り込まれていたが、金利は少なくとも2019年夏の終わりまで据え置くとの中銀のメッセージが時間とともに浸透し、予想が後ずれした。

  イタリア国債が上げを主導し、10年債利回りは12bp低下の2.62%と今月5日以来の低水準となった。ドイツ10年債も5bp低下し0.38%。一方、ストックス600銀行株指数は一時1.3%下げた。

ECB Boost

原題:Euro-Area Bonds Rally as Traders Push Back ECB Rate-Hike Bets(抜粋)
European Banks Tumble as Hopes for Early Rate Hike Evaporate

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE