コンテンツにスキップする

みずほ、中国での証券事業免許取得を真剣に検討-佐藤会長

  • 中国は外国企業による証券合弁会社の過半数株保有を認めた
  • 中国での事業拡大を望んでいる、中国について強い信頼感と佐藤氏
Shoppers In Shibuya District As Japan's Economy Continues To Expand
Photographer: Keith Bedford/Bloomberg
Shoppers In Shibuya District As Japan's Economy Continues To Expand
Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

みずほフィナンシャルグループの佐藤康博会長は上海でのフォーラムに際して、中国で証券事業免許を申請することを真剣に検討していると述べた。中国が外国企業による証券合弁会社の過半数株保有を認めたことを受け免許取得を検討している。

  同会長は中国政府が国際的なプレーヤーとなる強い意志を持っており、国際的プレーヤーである同社は中国での事業拡大を望んでいると語った。また、中国が戦略的に非常に重要であり、同社は中国について強い信頼感を持っていると説明した。

原題:Mizuho Considering China Securities Business License: Chairman(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE